Inner city pop
2019年7月に1st album『urban brew』をカセットテープでリリースするや、SNSやレコードショップで話題をまき、2020年5月には英ロンドンのWotNot Musicからレコード化。ワールドワイドで話題沸騰中のインナー・トリップSSWイサヤー・ウッダ待望の2nd album『Inner city pop』リリース! Dopeな感情の『for ever』、愛と狂気のドラムマシーン歌曲『I shit ill』(7inchシングル曲)、トライバルビートの『Spacey』、Fantasticなセクシーソング『Sexy healing beats』、Chillでロンリネスな『wait』等、前作を上回るDopeでPopで多様化した楽曲群。 何処にも属さず唯一無二の異才を放ち、 VintageなカセットテープMTRを駆使して、Popという破裂音と共に前線へ飛び出したイサヤー・ウッダ。これは新たなるポップアイコンの夜明けである。
  1. In to r
  2. For ever
  3. Agricultural road
  4. I shit ill
  5. Celebrations
  6. Need for
  7. Spacey
  8. Guitar
  9. Sexy healing beats
  10. Together
  11. Wait
配信ストア
  • appleMusic
  • awa
  • dHits
  • dMusicMonthly
  • hikariTvMusic
  • hmvMusic
  • kkbox
  • lineMusic
  • otoraku
  • recMusic
  • spotify
  • utapath
  • youtubeMusic
  • dMusic
  • iTuneStore
  • mora
  • musicStore
  • musicJp
  • recochoku
Isayahh Wuddha
Isayahh Wuddha
Isayahh Wuddha / イサヤー・ウッダ。台湾と日本にルーツを持つSSW。カセットテープMTRにて音源を制作。1st album 『urban brew』)カセットテープ リリース。英ロンドンのレーベルWotNot Musicより『urban brew』が12inch Vinylとしてリリース。 ジャイルス・ピーターソンのラジオ番組にて「something in blue」が選曲される。